メルカリ

【メルカリ】写真の撮り方について本を例にしながら解説【商品がなかなか売れない人は特に必見です】

みなさんこんにちは!神威です!

本記事は、

こんな人におすすめ
  • 写真1枚目に凝った写真を撮影する方法がわからない
  • 写真2枚目以降はどんな写真を掲載すればいいかわからない
  • 特に、本はどのように写真撮影すればいいのかそのコツを知りたい
  • 写真を撮る際に何か心掛けておくべきことがあれば知りたい

という方に対して作成した記事となっています!

最後まで読んでくださると非常に幸いです!どうぞよろしくお願いします!

 

メルカリで本を例にした写真の撮り方28STEP

STEP1:撮影前にスクエア写真設定へ切り替える

アプリのカメラを一番最初に起動し、「写真」という文字の上部のところを上へスワイプします。

そうすることによって、「4:3」という文字や他のマークが表示されるようになります。

STEP2:「4:3」をタップ

多く表示されているマークの中から、「4:3」という文字をタップしていきます。

STEP3:「スクエア」をタップ

4:3」という設定から、スクエア正方形)の大きさの写真へ変更します。

スクエアを選択することで、商品が1:1の割合で収まるようになり、メルカリの写真で見られる余白白く塗られている四角形のものをなくすことができるようになります。

STEP4:写真を撮る

スクエア写真設定を行ったのち、商品の写真を撮影します。

このとき、商品はなるべく大きく写るようにして、写真撮影するようにしましょう。

STEP5:写真アプリから撮影した写真を選択

写真のアプリを起動し、先程撮影した写真を選択します。

STEP6:「編集」をタップ

右上にある「編集」をタップし、写真全体の明るさや影の入れ具合などの変更をしていきます。

STEP7:「シャドウ」と「明るさ」を調節する

写真全体の明るさや影の入れ具合などを変更するために、一番下にある3つのマークのなかから、左にあるマークをタップしていきます。

STEP8:「シャドウ」の値を50にする

左下のマークを選択すると、シャドウコントラスト明るさなどが選択できるようになるので、最初に表示されるシャドウの値を縦線の目盛りを調節しながら、値を50に設定していきます。

STEP9:「明るさ」の値も50にする

右へスワイプしていき、シャドウと同様に明るさの値も50に設定していきます。

STEP10:画像を「ビビッド」に設定する

明るさシャドウの設定を完了後、一番下の真ん中にあるマークをタップします。

写真のイメージが変更できるようになるので、「オリジナル」の1つ右側にある「ビビッド」を選択します。

ビビッド」を選択することによって、画像全体が明るめに表示されるようになりますので、お勧めします。

STEP11:必要に応じて写真の向きを変更

もし、画像が左右どちらかに90度傾いていた場合や、商品が180度の向きになっている際には左上の箇所をタップします。

タップすることで、90度ずつ写真の向きを変更していくことができるようになります。

STEP12:「Photo Room」をインストール

写真アプリからいったん離れ、画像の背景を白色に設定することができるアプリ「Photo Room」を最初にインストールしていきます。

Photo Roomをインストールし終えたら、アプリにログインします。

STEP13:「白」をタップ

ここから、写真の背景を白色に変更する作業に移っていくのですが、Photo Roomでは有料版月額1050円、年額3900円支払い)を任意で利用することによって、一番下にある「一括処理」という機能を使用できるようになります。

「一括処理」という機能を使用することによって、複数の写真の背景を一括で白色に変更することができるようになり、時短が可能になります。

私は普段、無料版を利用して1枚ずつ写真の背景を白色に変更するようにしています。

Photo Roomを使い始める人は最初、無料版で1枚ずつ写真の背景を白色に変更していき、時間効率を優先する考えが芽生えてきたら、有料版に移行していくようにするのが最善な流れかと思います。

ここでは、無料版を利用した写真の背景を白色に変更する方法について紹介していきます。

左上にある「」という箇所をタップしていきます。

STEP14:編集した写真をタップ

先程写真アプリで編集した画像を選択して、背景を白色に変更していきます。

STEP15:「保存」をタップ

写真の背景を白色に設定変更し終えたら、画面右上にある「保存」をタップします。

STEP16:「保存」をタップ

下に表示されている写真アプリをタップし、画像を保存します。

STEP17:保存した写真をタップ

写真アプリに戻り、保存した写真の右下にあるロゴを白く塗りつぶしていくため、先程保存した画像を選択していきます。

Photo Roomの有料版を使用すれば、アプリ内でロゴを削除することができます。

STEP18:「編集」をタップ

右上にある「編集」をタップします。

STEP19:「ロゴ」を白く塗布して隠す

下にある3つのマークのなかから、一番右に表示されているマークを選択します。

STEP20:マーカーと色を選択

まず最初に色をに設定し、色の設定を完了後はマーカーのところをタップします。

STEP21:真ん中の太さを選択

マーカーを選択すると、太さが選択できるようになるため、太さは真ん中の部分をタップするようにしましょう。

STEP22:ロゴの部分を指でなぞって白く塗布する

色と太さを選択したら写真にも表示されている通り、青矢印に沿ってロゴの部分を指でなぞって白く塗布していきます。

ロゴの部分を削除するのではなく写真を編集することによって、ロゴが削除されたかのように表現することが無料で可能になります

STEP23:「完了」をタップ

写真の背景が真っ白に設定できたら、最後に編集の操作を終わらせるために「完了」をタップして終了させましょう。

STEP24:編集した画像を選択したのち「完了」をタップ

メルカリアプリを起動し、商品を出品する際に編集した写真を選択して実際に商品を出品してみましょう。

より工夫した1枚目の写真の作成方法

背景を白くし、商品を大きくアップした写真を1枚目として選択するだけでも十分なのですが、閲覧者に伝えたいことをテキストとして挿入することによって、商品ページに誘導しやすくすることが可能になります。

以下でその写真の作成方法を紹介していきます。

STEP1:「加工」をタップ

1枚目の写真を選択し、ペンライトで表示されている「加工」という部分をタップしていきます。

STEP2:「テキスト」をタップ

下に表示されているメニューの中から、「テキスト」を選択します。

STEP3:枠内に「美品」などと入力

テキストを書き入れるための欄が表示されるため、

即日発送

新品、未使用品

美品

値下げ交渉可

などの閲覧者が興味を抱いてくれそうなワードを挿入していくことが重要です。

その際、文字の色は、フォントをAmerican Typewriterに設定することをお勧めします。

フォントの変更方法は、色を変更する箇所の左側で設定することができるようになっています。

STEP4:「適用」をタップ

自分が満足のいく1枚目の写真を作成し終えることができましたら、右上にある「適用」をタップして操作を完了させましょう。

まとめ

まとめ

1)写真撮影の流れ

1-1)撮影前にスクエア写真設定へ切り替える

1-2)「4:3」をタップ

1-3)「スクエア」をタップ

1-4)写真を撮る

1-5)写真アプリから撮影した写真を選択

1-6)「編集」をタップ

1-7)「シャドウ」と「明るさ」を調節する

1-8)「シャドウ」の値を50にする

1-9)「明るさ」の値も50にする

1-10)画像を「ビビッド」に設定する

1-11)必要に応じて写真の向きを変更

1-12)「Photo Room」をインストール

1-13)「白」をタップ

1-14)編集した写真をタップ

1-15)「保存」をタップ

1-16)「保存」をタップ

1-17)保存した写真をタップ

1-18)「編集」をタップ

1-19)「ロゴ」を白く塗布して隠す

1-20)マーカーと色を選択

1-21)真ん中の太さを選択

1-22)「完了」をタップ

1-23)ロゴの部分を指でなぞって白く塗布する

1-24)編集した画像を選択したのち「完了」をタップ

2)より工夫した写真の作成方法

2-1)「加工」をタップ

2-2)「テキスト」をタップ

2-3)枠内に「美品」などと入力

2-4)「適用」をタップ

本記事では、本を例にした写真の撮り方について説明させていただきました!

28STEPという膨大な手順を紹介し、写真を撮影するだけでも非常に量の多い大変な作業を皆さんに実践してもらうこととなりますが、皆さんの写真の撮り方に対する考え方が少しでも良い意味で変わってもらえたのなら私は嬉しいです。

また、この記事が皆さんの悩みに対して少しでもお力添えになれたのなら幸いです!

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
神威【KAMUI】
神威です!メルカリに関する情報を主に発信していこうと考えておりますので、皆さん何卒よろしくお願いします!
関連記事はこちら