メルカリ

【メルカリ】キーワードと一緒に入れるハッシュタグの使用方法2選【自分だけのショッピングページを作成可能!?】

みなさんこんにちは!神威です!

本記事は、

こんな人におすすめ
  • ハッシュタグの効果的な使用方法を知りたい
  • ハッシュタグと組み合わせるべきキーワードを知りたい
  • オリジナルハッシュタグとは何かについて知りたい

という方に対して作成した記事となっています!

最後まで読んでくださると非常に幸いです!どうぞよろしくお願いします!

 

ハッシュタグの効果的な使用方法2選

使用方法①:商品情報を取り入れたハッシュタグを作る

 

具体的に

1)商品名

2)商品の特徴

3)ターゲットとなる層

 

上記にある情報と、ハッシュタグを組み合わせることによってできた融合体が、商品情報を取り入れたハッシュタグに相当します。

商品情報を取り入れたハッシュタグを説明文に掲載することで、検索に引っかかりやすくなり、自分の出品する商品がより多くの人に知られるようになるため購入される可能性が高くなります。

そこで、自分の商品がより多くの人に見られるようになるための商品情報について、以下で詳しく説明していこうと思います。

情報①:「ハッシュタグ+商品名」を作る

 

メリット

1)特定の商品がほしいという人に対して購入を円滑に進められる

2)商品の露出度を増やせる

 

デメリット

購入者の希望の商品でないとき、他の出品者の商品ページに参入してしまう

 

ハッシュタグ商品名を組み合わせた融合体を説明文に入れることによって、検索に引っかかりやすくする以外の別の狙いもあります。

それは、特定の商品がほしいという購入者に対して購入を円滑に進めるためでもあります。

購入者は、ながら購入検索購入の2つの購入方法のどちらかを無意識に行っています。

ながら購入とは、タイムライン表示上(メルカリのホームにある商品一覧画面)を閲覧して、気に入った商品があれば購入するという方法のことを指します。

それに比べ検索購入とはその名の通り、検索窓からキーワードを入力して購入したい特定の商品を見つけて購入する方法のことを指します。

ハッシュタグと商品名を組み合わせる方法は、この検索購入をする人をターゲットにして、円滑に購入できるようにするためのものとなります。

情報②:「ハッシュタグ+商品の特徴」を作る

 

具体的に

1)商品の色

2)サイズ

3)ブランド名

 

特に、商品のサイズブランド名では、バッグなどを出品する際、ハッシュタグと合わせて掲載するのに必要不可欠な情報となってきます。

靴、服、バッグなどの商品は他の商品カテゴリーと比べて、高価な商品を出品することとなるため、購入者側商品のサイズブランド名には特に注意を払って、注視する情報となります。

もし、高価なブランド品商品を出品する機会がありましたら、ハッシュタグに商品の特徴を合わせて掲載する必要があります。

情報③:「ハッシュタグ+ターゲットとなる層」を作る

 

具体的に

1)商品を購入しそうな人の年齢層

2)商品を購入しそうな人の性別

 

上記で述べた、商品名や商品の特徴とは違って、ハッシュタグにターゲットとなる層を付け加える方法では、特定の商品が欲しいと考える購入者に対してではなく、偶然目に留まった人に対して商品を購入してもらう方法となります。

アパレル商品で例を挙げると、韓国春服トレンド商品などといったワードとハッシュタグを一緒に商品ページに掲載することによって、韓国の商品春服で何か購入したいなと考えて閲覧している購入者に購入される可能性が高くなるわけです。

そのため、アパレル商品などのトレンド要素のある商品を出品する際には、ターゲットとなる層を考えてみた上で、ハッシュタグと一緒に掲載するのも良い手かと思います。

使用方法②:オリジナルハッシュタグを作る

 

メリット

自分が出品している商品カテゴリーの別商品に誘導することができる

 

デメリット

独自のハッシュタグであるため、検索に引っかかりにくくなる

 

オリジナルハッシュタグとは、自分で考えた独自のハッシュタグのことをいいます。

 

昔の神威
昔の神威
自分独自のハッシュタグなんか作っちゃったら、誰にも見てもらえなくなるんじゃないの?

 

確かに、検索に引っかかりやすくするためのハッシュタグの使い方とはだいぶ異なった方法となってしまいます。

しかし、オリジナルハッシュタグには非常に効果的な使い方があるのです。

詳細:過去に出品した商品を内部誘導させる!?

それは、ページ閲覧者を自分が過去に出品した商品または商品カテゴリーに内部誘導することが可能ということです。

 

具体的に

1)KAMUISHOPのTシャツ一覧はこちら

2)KAMUISHOPのスニーカー一覧はこちら

3)KAMUISHOPのバッグ一覧はこちら

などのワードをハッシュタグと組み合わせることによって、オリジナルハッシュタグとなります。

 

つまり、自分が過去に出品した商品の説明文に、カテゴリーごとでKAMUISHOPの革靴一覧はこちらなどと振り分けて掲載することによって、商品カテゴリーに分けられた自分だけのSHOP(いわゆるお店)を作ることが可能になるということです。

この自分だけのお店を作ることによって、自分の出品した革靴やスニーカーなどが購入者に購入されなくても、過去に自分が出品した革靴やスニーカーが気に入られて購入される可能性が現れるということです。

なので、このオリジナルハッシュタグを利用して、自分だけの商品カテゴリーに振り分けたお店を作っていくことをお勧めします。

まとめ

まとめ

1)商品情報を取り入れたハッシュタグを作る

2)「ハッシュタグ+商品名」を作る

3)「ハッシュタグ+商品の特徴」を作る

4)「ハッシュタグ+ターゲットとなる層」を作る

5)オリジナルハッシュタグを作って、自分の店に内部誘導させる

本記事では、ハッシュタグの効果的な使用方法2選について説明させていただきました!

その方法というのは、商品情報を取り入れたハッシュタグを作るオリジナルハッシュタグを作るといった2つの方法があることを皆さんに紹介してきました。

この記事が皆さんの悩みに対して少しでもお力添えになれたのなら幸いです!

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
神威【KAMUI】
神威です!メルカリに関する情報を主に発信していこうと考えておりますので、皆さん何卒よろしくお願いします!
関連記事はこちら