メルカリ

【メルカリ】振込申請するタイミングを解説【振込手数料による負担を減らしたい方必見です】

みなさんこんにちは!神威です!

本記事は、

こんな人におすすめ
  • 振込申請するタイミングがわからない
  • 振込申請する最適なタイミングが知りたい
  • 売上金に対する振込手数料の負担を少なくしたい

という方に対して作成した記事となっています!

最後まで読んでくださると非常に幸いです!どうぞよろしくお願いします!

 

振込申請とは

振込申請とは、出品して得た売上金を自分の口座に振り込んでもらうためにメルカリに申請することを指します。

振込手数料はいくら

振込手数料は、金融機関申請金額にかかわらず、全国一律で200円の手数料が発生してしまいます。

ゆうちょ銀行の口座に振り込んでもらう際に限り、お急ぎ振込というサービスを選択することが可能ですが、そのサービスを利用する際は全国一律で200円の手数料が発生してしまいます。

振込申請に期限はあるの

振込申請期限は、売上金を受け取った日から180日6ヵ月が経つまでの間となっています。

そのため、売上金を受け取って振込申請期限が過ぎないよう必ず、180日が経つまでに振込申請を行わなければなりません。

振込手数料って無料にできるの

結論として、振込手数料を無料にする手段はありません。また、振込手数料を安くする手段もないため、自分の銀行口座に売上金を振り込む際は一律で200円が発生してしまいます。

+α①:銀行振込以外なら手数料なし

しかし、自分の銀行口座に売上金を振り込む以外で、手数料が発生しないで売上金を利用する手段があります

それは、売上金をメルペイとして利用することです。

自分の銀行口座に振り込む際には、振込手数料というものが発生していたものの、売上金をメルペイに変換して電子マネーとして利用する際には手数料が発生しません

+α②:メルペイを利用できる店

また、最近ではメルペイを利用できる店(セブンイレブンローソンファミリーマートなど)が増えているため、今後メルペイを利用して買い物をすることに対する需要が高まってきてます。

もし、コンビニ以外でメルペイを利用したいと考えている方は、以下にメルペイを利用できる店についてのURLを掲載しておきますので、ぜひ参考にしてみてください。

使えるお店 | メルペイ メルカリアプリでかんたんスマホ決済 (merpay.com)

僕が実践している振込申請のタイミング

 

振込申請するタイミング

1)売上金が1万円に貯まったとき

2)月曜日から木曜日の0時から8時59分の間

 

以上で述べた通り、僕が実際に行っている振込申請のタイミングは、売上金が1万円貯まったとき、かつ月曜日から木曜日の0時から8時59分の間に振込申請をその都度行うようにしています。

その理由を以下で詳しく説明していきます。

タイミング①:売上金が1万円貯まったとき

なぜ、売上金が1万円という明確な金額が貯まった際に振込申請をするのか。

それは、1000円貯まったときに振込申請するよりも売上金(1万円)に対する振込手数料(200円)の割合が減少するためです。

昔の神威
昔の神威
ん??売上金に対する振込手数料の割合が減少ってどういうことなの?
今の神威
今の神威
次の+α①のところで詳しく解説するね!

+α①:売上金に対する振込手数料の割合が減少!?

計算式

1)200円(振込手数料)÷1000円(売上金)=0.2=20%

2)200円(振込手数料)÷10000円(売上金)=0.02=2%

上記で記載した通り、1000円で一例を挙げておりますが、具体的には、売上金が1000円のときに振込申請をすると、売上金の20%を振込手数料として出費してしまうということです。

それに比べ、売上金が1万円のときに振込申請をすると、売上金の2%まで振込手数料を抑えることができるという理由で、僕は1万円貯まったら必ず振込申請をするように心掛けています。

昔の神威
昔の神威
つまり、銀行振り込みをする際、売上金の値段が高ければ高いほど振込手数料を抑えることが可能になるってこと?
今の神威
今の神威
そういうことになるね!

+α②:もっと高い売上金で申請すればいいじゃん

そうなると、振込手数料をなるべく抑えるために、

売上金をできるだけ高くしてから振込申請すればいいじゃん!

とふと考えるわけです。

しかし、そうしてしまうと振込申請期限を過ぎてしまう恐れが出てきてしまいます。

そのような問題点を踏まえ、振込申請締切日がいつなのかを把握できれば振込手数料を大きく抑えることが可能になります。

+α③:締切日を忘れない方法

 

締切日を忘れない方法

1)携帯内のメモアプリを利用

2)携帯内のカレンダーアプリを利用

3)売上金を最初に受け取った日をメモ

4)売上金の振込申請締切日をメモ

 

もし、振込申請を申請締切日まで粘ろうと考えている方は、携帯内に付属してあるメモアプリカレンダーを利用して、売上金を最初に受け取った日振込申請締切日をメモしておくことをお勧めします。

売上金を最初に受け取った日振込申請締切日をメモしておくことで、どのタイミングで振込申請をすればいいのか計画的に確認することができるようになります。

昔の神威
昔の神威
携帯にメモしたら計画的に確認するようにしないと!

タイミング②:月曜日から木曜日の0時から8時59分の間

メルカリの公式ページに記載されている通り、月曜日から木曜日の0時から8時59分の間に振込申請を行うと、振込申請をした翌日に売上金が自分の銀行口座に振り込まれることがわかっています。

そのため、

「できる限り早く、自分の口座に売上金を振り込んでほしいよぉ」

と考えている方には、月曜日から木曜日の0時から8時59分の間に振込申請をすることを強くお勧めします!

まとめ

まとめ

1)振込手数料:全国一律で200円

2)振込申請締切日:売上金を受け取った日から180日

3)振込手数料を無料にする手段:ない

4)タイミング1:売上金が1万円に貯まったとき

5)タイミング2:月曜日から木曜日の0時から8時59分の間

本記事では僕が普段、売上金を自分の口座に振り込むタイミングとして、売上金が1万円貯まったとき、かつ月曜日から木曜日の0時から8時59分の間に振込申請することについて解説させていただきました。

みなさんも上記にあるタイミングで振込申請を実践してみてはいかがでしょうか。

今回はメルカリの振込申請を行うタイミングについての記事を作成させていただきましたが、少しでも本記事がみなさんのお力添えになれたのなら非常に幸いです!

最後まで本記事を読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
神威【KAMUI】
神威です!メルカリに関する情報を主に発信していこうと考えておりますので、皆さん何卒よろしくお願いします!
関連記事はこちら