メルカリ

【メルカリ】複数出品で発送先を間違えないための方法2選紹介

みなさんこんにちは!神威です!

本記事は、

こんな人におすすめ
  • 複数出品しても間違えずに商品を見分けられるようになりたい
  • 手軽に行える商品の見分け方を習得したい

という方に対して作成した記事となっています!

最後まで読んでくださると非常に幸いです!どうぞよろしくお願いします!

 

発送先を間違えない方法

方法①:商品名と購入者の氏名を記載する

 

メリット

1)レジでの無駄な作業を行わないで済む

2)シャーペンなどでの記載のため、コストがかからない

3)伝票をうまく利用すれば、商品名などの記載した跡を隠せる

4)シャーペンでの記載であれば、書き間違えても再度記載することが可能

 

デメリット

1)箱や袋に記載したという事実が残る

2)力みすぎてシャーペンなどで最悪穴をあけてしまう恐れがある

 

以上のメリットとデメリットを考慮に入れた上で、僕はこの方法を良く利用させていただいています。

この方法について具体的に説明すると、コンビニなどの店頭で渡される伝票袋を、商品を梱包した箱に貼付することを想定し、その箇所に商品名購入者の氏名を自宅で事前に記載しておきます。

そうすることによって、コンビニの店頭で渡したい商品梱包した商品を、簡単に判別することが可能になるわけです。

また、この方法は、店頭で渡したい商品と梱包した商品を判別する作業を行うだけであるため、店頭での無駄な作業を大きく削減することができます。

これから紹介する下記の2つ目の方法として挙げている、付箋を梱包箱に貼付したやり方では、

  1. 自宅にて付箋を貼付する
  2. 店頭にて付箋を剥がす
  3. 剥がした付箋の処理をする

のように、3段階の作業を行わなくてはならないため、圧倒的にシャーペンなどで梱包箱に記載する方法の方が作業を短縮することができるため非常にお勧めです。

+α:シャーペンで薄く書くのがおすすめ

箱や袋に商品名と購入者の氏名を記載する際には、シャーペンボールペン名前ペンなどを利用して、簡単に商品を判別できるようにする方法があるかと思います。

しかし、これら3つのペンを利用する上で、それぞれの特徴を理解しておく必要があります。

1)シャーペン

→書き間違えても消せるが、力みすぎで穴を開けてしまう恐れあり

2)ボールペン

→一度書き間違えたら二度と書き直すことができない

3)名前ペン

→一度書き間違えたら二度と書き直すことができない

これらのペンが持つ特徴を考慮に入れた上で、梱包箱に購入者の名前や商品名を記載していく必要があります。

そして、これらの特徴を総合的に評価した上で、僕はシャーペンで薄く商品名や購入者の氏名を記載して、発送先を間違えないよう簡単に判別できるようにする方法をお勧めします。

シャーペンで薄く書くことによって、力みすぎて梱包箱に傷を与える恐れを減らせるとともに、書き間違えた際に消しゴムで消せるといったことが可能になるためです。

 

神威
神威
ボールペンや名前ペンだと、一回書き間違えちゃうと修正できないからシャーペンがおすすめだよ

方法②:梱包した箱に商品名を記載した付箋を貼付

 

メリット

1)箱や袋に記載したという事実が残らない

2)シャーペンなどで穴をあけてしまう恐れがない

 

デメリット

1)店頭で付箋を剥がすという無駄な作業を行わなければならない

2)付箋を利用するため、コストをかけてしまう

3)発送後に付箋の処理を行わなければならない

 

この方法は自宅で事前に、付箋に商品名を記載して箱または袋に貼付し、複数の梱包した商品から店頭で渡す商品を見分けるための2つ目の方法となります。

この方法は、複数の梱包した商品から店頭で渡す商品を判別しやすくする効果的な方法である反面、以上で記載した通りのデメリットがいくつか含まれる方法でもあります。

特に、コンビニなどの店頭で商品を渡す際に付箋を剥がすという行為は、店員さんに商品を渡す時間をかけてしまうことになるため、後方で並んでいる別のお客さんに迷惑をかけてしまうといったことに発展してしまいます。

まとめ

まとめ

1)伝票袋を貼る場所に商品名と購入者の氏名を記載する

2)シャーペンで書くのがおすすめ

3)梱包した箱に商品名を記載した付箋を貼付

本記事では、複数出品で発送先を間違えないための対処方法について説明させていただきました!

その対処方法として、伝票袋を貼付する場所に品名と購入者の氏名を記載する方法と、梱包した箱に商品名を記載した付箋を貼付するという2つの方法でした。

最初に説明した方法である、伝票袋を貼付する場所に商品名と購入者の氏名を記載する方法は僕自身が普段、複数出品する際に実践している方法ということもみなさんに紹介しました。

また、この方法はコンビニなどの店頭で無駄な作業を行わないという点を含め、他にも多くのメリットがあることから、みなさんに実践してもらいたい方法となりますので最後に述べさせていただきました。

この記事がみなさんのお力添えになれたのなら非常に幸いです!

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
神威【KAMUI】
神威です!メルカリに関する情報を主に発信していこうと考えておりますので、皆さん何卒よろしくお願いします!
関連記事はこちら